姓名判断で仕事運を占う

あなたは今自分がしている仕事を天職だって思いますか?
なかなか自分の好きな事を仕事にしている人は少ないですよね。
多くの人は、生活のため、税金を納めるのが国民の義務だからという理由で仕方なく我慢して働いているのかもしれません。

しかしどちらにしろ定年まで働かなくてはいけないわけです。
しかも睡眠時間を除けば、1日の大半は労働時間になりますよね。
それなら、少しでもやりがいがある仕事、適性がある仕事に就きたいと思う人が多いでしょう。
ですが、会社に入社する時に、その会社を選んだ理由は、複数会社を受けて内定をもらった会社の中で1番条件がよかったから。
そんな理由の人が多いでしょう。

入社理由はともあれ、入社後にその仕事が自分に向いているんだろうか?
それとも転職した方がいいんだろうか?
適正が分からず、悩んでいる人もいるかもしれません。
努力をすれば、そのうち報われて結果が出るのか、全く適性がないから違う職種についた方がいいのか?
なかなか自分では客観的に判断するのは難しい事です。

かといって、同じ職場の同僚に相談するのも難しいですよね。
同期でもライバル関係になりますし、あまり相手に弱みを見せたくありません。
なので、仕事の相談について相談相手に最適なのは占い師だと言えるでしょう。
姓名判断は、実にシンプルな占いです。名前と生年月日でその人の運勢を占う事が可能です。
仕事運ももちろん占う事が可能ですから、今のまま仕事を続けるべきか、それとも転職をするのであればどんなタイミングなのか?
気になる点を色々相談してみましょう。一人で悩んでいるよりもすっきりとし、有効なアドバイスがもらえるはずです。

復縁したい方にオススメの占い

カンタンに言ってしまえば「彼ともう一度やり直すチャンスがほしい!」ですね。別れてしまったけど、やっぱり彼のことが好き…そう強く思うなら、あなたにピッタリの占いがあります。

恋愛は優劣ではありません。彼以上の人は現れないかも…これは間違いです。他人がどう言おうとも、彼がいい…それが恋愛というものでしょう。スペックではありません。相性と縁です。タイミングと言っていいかもしれません。

そう、あなたはタイミングを逃してしまいました。まずは、それを頭に入れておいてください。自分がわるいからと責めることはありません。わるいタイミングが重なってしまった…そういうことです。

別れといっても、さまざまなパターンがあります。数ヶ月もしくは何年か付き合って別れた場合や、結婚して数年後に離婚してしまった場合もあるでしょう。ただ、ひとつだけ共通することがあります。

それは相手があなたのことを好きであった時期があったということです。忘れがちなことかもしれません。例え、憎しみ合って別れたときでも、以前には幸せな期間があったはずです。これは必ず覚えておいてください。

ピッタリの占いとは復縁占いです。恋愛占いのなかでも復縁を専門にしている、よく当たる占い師です。

当たる占い師とカンタンに言ってしまいましたが、実は復縁を専門にしておられる方は少ないです。当たる占い師と評判の方になればさらに少ないでしょう。見つかったからといっても遠方では不便です。そんなときは電話占いを利用してみてください。

復縁をメインにした電話占い当たる!と人気の方がいます。ネットなどで探せば、すぐに当たる占い師が見つかるでしょう。あとは一日も早く行動です。電話をして占ってもらってください。

復縁はマイナスからのスタートです。ただ、うまくことが運べば、プラスに転じます。何よりも、かつてはあなたも相手も愛情をもっていたはずです。雨降って地固まる…このことわざのようになれるよう占い師から的確なアドバイスをもらいましょう。

良い占い師の見つけ方

あなたにとって良い占い師とは?悩みますよね。ネットの占いサイトや占いランキングも調べても、数が多すぎて、よけいに頭が混乱してきます。

そんな方へのカンタンなコツです。気休め程度かもしれませんが、充分、参考になるはずだと思います。どんな占いでも当てはまることです。

まずは、良い占い師とは何でしょう。くちこみでこの占い当たると評判の占い師、とんでもない的中率を売りにしているよく当たる占い師、◯◯占い当たると人気の占い、など。さまざまな選択肢があります。

果たして、よく当たる占いという基準だけで選んでいいのでしょうか?人気の占い師のくちこみを呼んでみましょう。よく当たる占いというのは当然です。当たらなければ人気にはなりません。

しかし、それだけではないものを人気の占い師は持っています。それは占ってもらう人の現在だけでなく、将来への的確なみちしるべを教えてくれることです。

単純に言います。「あなたは几帳面な性格で、人間関係に気をつかいすぎていることでストレスをためているでしょう」と診断されとしましょう。これがふつうの占い師です。

人気の占い師は付け加えます。「もしかすると対人関係の少ない職業が向いているかもしれません。もし、あなたが今、多くの人がいるオフィスに務めているなら、小さな会社に転職すると実力が発揮できる可能性があります」。

もし、そんなふうに言われて、その人が心のどこかで転職を考えていたら、後押しになるでしょう。もちろん、前向きな気分で違う会社で仕事ができます。今の仕事場がイヤだからではなく、新しい一歩として進むんだという心構えが生まれるでしょう。

人気の占い師に共通するのは将来の運気を上げることです。こうやったら運が上がりますよ…そんなふうな言葉をかけられたら迷っていたこともスッキリするでしょう。

良い占い師とはマイナスをプラスに変えてくれます。プラスはさらに大きなプラスになっていくでしょう。ぜひ、これを頭に入れて、あなたにとって良い占い師を探してみてください。

自分に合った占いとは?

恋人と幸せになれるか、自分に合った人に出会えるか、今の生き方でいいのかなど、人生の選択に迷った時に占いに頼りたくなることはありませんか?自分の人生なのだから、自分で決めないといけないとはわかっていても、誰かに後押ししてほしい時がありますよね。

でも、占いにはたくさんの種類があって、どれがいいのかわからないもの。いろんな占いの特徴を知って、自分に合った当たる占いを見つけましょう。

テレビのモーニングショーなどでもおなじみの占星術は太陽系の星や月の動きや位置を人間の社会の動きや個人の人生の出来事と関連付けたもの。西洋占星術やインド占星術、東洋占星術に分けられます。生年月日や生まれた場所や時間を基にして占います。自分の持って生まれた性質や未来を知るのに向いています。あまり具体的なことはわからないのが難点。

タロットは、一般的に全部で78枚のタロットカードを使って行う占いです。カードは大アルカナ22枚と小アルカナ56枚に分けられます。カードを読む人であるリーダーは、カードを並べて、カードの占い上の意味やカードの絵柄、カードの位置などから、質問者に合った答えを出していきます。同じカードが出たとしても、リーダーによって解釈はさまざまです。比較的、具体的なことも占ってもらえます。

水晶占いは、水晶球をじっと見つめて、そこに映しだされた陰影や、本来ならそこに映るはずのない映像や過去や未来のイメージなどを占い師が感じとって占う方法です。数字や文字などかなり具体的な物が見える場合もあります。占い師の直感を感じ取る力によって、占いの精度や具体度は変わってきます。

霊感占いは、相談者が自分のことを話さなくても、霊感を持った占い師が過去の経験や、今悩んでいること、これからどうなるか、どうしたらいいかを見てくれます。占い師の霊能力によりますが、当たる占い師なら頼りになるでしょう。

あなたにとっての当たる占いは見つかりそうですか?まずは、自分の心をじっと見つめてみましょう。「これはきっと当たる占いだ」「この占い当たる!」と感じたら、自分の直感に従ってみるのもいいかもしれませんよ。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.